fbpx

サブロク協定

弊所が、電子申請で3営業日以内に解決します!

そもそも、36協定って?

報道などでも一度は耳にされたことがあると思います。俗に「サブロク協定」などとちょっとレトロなネーミングが付いたこの「労使協定」は、会社と従業員の間で交わされるお約束のこと。しかも、書面に記すだけではなく、労働基準監督署に届けなければ有効となりません。

どういう内容かと申しますと、

労働基準法では、会社が人を雇う場合、1日に8時間、週に40時間以上働かせてはいけないことになっています。これを「法定労働時間」などと呼びます。

つまり、残業は「無い」のが基本です。

しかし現実には、毎日、定時に終業できる会社はあまりないと思います。

「ちょっとだけ労基法を逸脱しますが、罰則を与えないで下さい!」 というのがこの協定です。

残業代を払っているから大丈夫!ではなく、そもそも「36協定」を労働基準監督署に提出することなく、残業させてはいけないんです。

しかも、提出された協定書は行政文書となりますから、第三者が開示請求すれば提出されているかどうかの有無も閲覧可能です。

どうでしょう…優秀な人材も集まりにくくなるかもしれません。

昨今の働き方改革関連の報道で「上限時間…」という言葉も多く耳にするところです。じゃあ、何時間までなら残業させてもよいの?という論議は、業界別にも法改正が今後待たれるところですが、現時点で提出もしていないのは論外です。

「とにかく提出を!」というと乱暴に聞こえるかもしれませんが、多くの中小企業さんまで情報が及んでいない感もあり、従業員にスクープされる前に、弊所にご相談下さい。

下記のヒアリングシートにご記入いただいた後、対応させていただきます。
ダウンロードはこちらから

顧問料ゼロ円の弊所では、迅速にお近くの労働基準監督署まで電子申請で提出しますので、まずお声かけ下さい。

3営業日で解決します。

お問い合わせがありましたら送信して下さい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close